Department of Nuclear Engineering and Management FUJII-KOMIYAMA Laboratory     Graduate School of Engineering                                            University of Tokyo
指導教員



 氏名: 藤井 康正(ふじい やすまさ)

原子力国際専攻 教授

1988年3月 東京大学工学部電気工学科卒業
1993年3月 東京大学大学院工学系研究科電気工学博士課程修了 博士 (工学)
1993年4月 横浜国立大学工学部助手
1995年4月 横浜国立大学工学部講師
1997年4月 横浜国立大学工学部助教授
1995年5月~1996年4月 オーストリア国際応用システム解析研究所(IIASA:International Institute for Applied Systems Analysis)客員研究員
1999年4月 東京大学大学院工学系研究科助教授
2003年4月~2004年3月 京都大学大学院エネルギー科学研究科客員助教授を併任
2005年4月~2008年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授(助教授)
2008年4月より現職

 研究分野:

 エネルギーシステムの評価・解析、大規模システムの最適化、確率動的計画、電力市場制度評価

 主な論文・著書(抜粋):

Keigo Akimoto, Toshimasa Tomoda, Yasumasa Fujii and Kenji Yamaji, "Assessment of global warming mitigation options with integrated assessment model DNE21", Energy Economics Vol. 26, Issue 4, EMF 19 Alternative technology strategies for climate change policy, pp. 635-653, July(2004)

下村貴裕, 最所祐一, 藤井康正, 山地憲治「マルチエージェントシステムを用いた電力市場における価格形成過程の分析」, 電気学会論文誌B, 124巻, 2号, pp.281-290 (2004)

最所祐一, 林武人, 藤井康正, 山地憲治:確率動的計画法に基づく電力調達戦略の評価:電気学会論文誌B, vol. 125, No. 3, pp.259-267 (2005)

「エネルギー論」、藤井康正、茅陽一、岩波書店、岩波講座「現代工学の基礎」技術連関系-52001 

「エネルギーと環境の技術開発」地球環境のための技術としくみシリーズ 6、松岡譲 編著、コロナ社、第4章執筆 (2005

 所属学会: 

電気学会、IEEE、計測自動制御学会、エネルギー・資源学会

イメージ




 氏名: 小宮山 涼一(こみやま りょういち)

工学系研究科附属 レジリエンス工学研究センター 准教授

1998年3月 東京大学 工学部電子工学科卒業
2003年3月 東京大学 大学院工学系研究科電気工学専攻博士課程修了、博士(工学)
2003年4月 (財)日本エネルギー経済研究所 計量分析部 専門研究員
2010年4月 (財)日本エネルギー経済研究所 計量分析ユニット 主任研究員
2013年4月 東京大学 大学院工学系研究科附属 レジリエンス工学研究センター 准教授

非常勤講師、客員研究員等
2001年4月-2007年3月 航空保安大学校 非常勤講師(「システム工学」、「応用数学」)
2012年4月- 横浜国立大学 非常勤講師(「エネルギーシステム論」)
2015年5月-7月  国際教養大学 非常勤講師(「Climate Change and Society」)

2007年5月-2009年4月 ローレンスバークレー国立研究所客員研究員
2011年9月-2012年2月 カリフォルニア大学バークレー校客員研究員
2010年7月- 日本エネルギー経済研究所 客員研究員
2011年9月- 日本経済新聞CSISバーチャルシンクタンク第3部会座長補佐(フェロー)

2016年11月- 経済産業省 産業構造審議会 臨時委員 (産業技術環境分科会 地球環境小委員会 資源・エネルギーWG委員)
2016年9月- 経済産業省 電力・ガス取引監視等委員会 専門委員 (送配電網の維持・運用費用の負担の在り方検討WG委員)
2016年4月- 経済産業省 電力・ガス取引監視等委員会 特別委員
2015年9月-2016年3月 経済産業省 電力取引監視等委員会 特別委員
2015年9月- 日本学術会議 特任連携会員 (地球温暖化対応の視点からのエネルギー対策・政策検討小委員会委員)

 研究分野:

 エネルギー市場の数値シミュレーション分析、電力システム、国際エネルギー情勢分析

 主な査読付き学術雑誌(抜粋):

Komiyama,R. and Fujii,Y..; Assessment of post-Fukushima renewable energy policy in Japan's nation-wide power grid, Energy Policy, Vo.101, February 2017, pp.594-611, 2017 (DOI:10.1016/j.enpol.2016.11.006)

杉山達彦, 小宮山涼一, 藤井康正 「全国の電力基幹系統を考慮した最適電源構成モデルの開発と太陽光・風力発電大量導入に関する分析」 電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol.136, No.12, pp.864-875 (2016)

Komiyama, R. and Fujii, Y. "Optimal Integration of Variable Renewables in Electric Power Systems of Japan." J. Energy Eng. , 10.1061/(ASCE)EY.1943-7897.0000361 , F4016004. (2016)

Komiyama,R. and Fujii,Y..; Long-term scenario analysis of nuclear energy and variable renewables in Japan's power generation mix considering flexible power resources, Energy Policy, Vol.83, pp.169-184, August 2015 (doi:10.1016/j.enpol.2015.04.005)

Komiyama,R. and Fujii,Y..; Energy modeling and analysis for optimal grid integration of large-scale variable renewables using hydrogen storage in Japan, Energy, Volume 81, 1 March 2015, Pages 537–555 (2015)

Komiyama, R. and Fujii, Y.; Assessment of Energy Saving and CO2 Mitigation Potential of Electric Vehicles and Plug-in Hybrid Vehicles under Japan's Power Generation Mix. Electrical Engineering in Japan, Vol.192, No.1, pp.1–12. DOI: 10.1002/eej.22546 (2015) (Electrical Engineering in Japan誌(Wiley社)への転載版)

大槻貴司, 小宮山涼一, 藤井康正 「間欠性再生可能エネルギー大量導入時における出力抑制量・蓄電池導入に関する一考察」 電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol.135, No.5 (掲載決定)(2015)

小宮山涼一, 藤井康正 「高時間解像度動学的最適電源構成モデルによる電気自動車普及シナリオの分析」 電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol.135, No.1 (掲載決定)(2015)

Komiyama, R. and Fujii, Y.; Analysis of Japan's Long-Term Energy Outlook Considering Massive Deployment of Variable Renewable Energy under Nuclear Energy Scenario. Electrical Engineering in Japan, Vol.190, No.2, pp.24–40. DOI: 10.1002/eej.22503 (2015)(Electrical Engineering in Japan誌(Wiley社)への転載版)

小宮山涼一, 大槻貴司, 藤井康正 「再生可能エネルギー余剰電力の水素貯蔵を考慮に入れた最適電源構成の検討」 電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol.134, No.10, pp.885-895 (2014)

Komiyama, R. and Fujii, Y.; Assessment of Optimal Power Generation Mix Considering Extensive Variable Renewable Energy and Nationwide Power Interchange through Tie Lines. Electrical Engineering in Japan, Vol.188, No.3, pp.11–21. DOI: 10.1002/eej.22576 (2014)(Electrical Engineering in Japan誌(Wiley社)への転載版)

Komiyama,R.,Fujii,Y.; Assessment of massive integration of photovoltaic system considering rechargeable battery in Japan with high time-resolution optimal powergeneration mix model, Energy Policy, Vol.66, pp.73-89, March 2014 (http://dx.doi.org/10.1016/j.enpol.2013.11.022) (2014)

Komiyama, R. and Fujii, Y. ; Analysis of Energy Saving and Environmental Characteristics of Electric Vehicles in Regionally Disaggregated World Energy Model. Elect. Eng. Jpn., 186: 20–36. doi: 10.1002/eej.22373 (2014) (Electrical Engineering in Japan誌(Wiley社)への転載版)

Komiyama, R., Shibata, S., Fujii, Y.: Simulation Analysis for Massive Deployment of Variable Renewables employing an Optimal Power Generation Mix Model, Journal of Energy and Power Engineering, 7, 1604-1615 (2013).

川上恭章, 小宮山涼一, 藤井康正 「数理計画法によるエネルギー安全保障評価手法の開発と燃料備蓄の最適運用戦略に関する分析」 エネルギー・資源, Vol.34, No.5, pp.21-30 (2013)

Saurabh Sharma, Ryoichi Komiyama and Yasumasa Fujii. "Assessment of Sustainable Energy Strategy with Long Term Global Energy Model Incorporating Nuclear Fuel Cycle"Journal of Environmental Science and Engineering, A1, pp.1215-1232 (2013)

Komiyama, R. and Fujii, Y. ; Assessment of Japan's Optimal Power Generation Mix Considering Massive Deployment of Variable Renewable Power Generation. Elect. Eng. Jpn., 185: 1–11. doi: 10.1002/eej.22470 (2013)(Electrical Engineering in Japan誌(Wiley社)への転載版)

Peck Yean Gan, Ryoichi Komiyama, ZhiDong Li "A low carbon society outlook for Malaysia to 2035" Renewable and Sustainable Energy Reviews, Vol.21, pp.432–443 (2013)

小宮山涼一, 藤井 康正「太陽光,風力発電の出力変動と地域間電力融通を考慮した最適電源構成に関する分析」電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol. 133, No. 3, pp.263-270 (2013)

Ryoichi Komiyama, Saeko Shibata, Yosuke Nakamura and Yasumasa Fujii:” Analysis of possible introduction of PV systems considering output power fluctuations and battery technology, employing an optimal power generation mix model” Electrical Engineering in Japan, Volume 182, Issue 2, pp.9-19 (2012) (Electrical Engineering in Japan誌(Wiley社)への転載版)

Tatsuo MASUDA, Ryiochi KOMIYAMA ”Positioning of Nuclear in the Japanese Energy Mix”Note de l'Ifri, Octobre 2012

小宮山涼一, 藤井 康正「日本の電源構成の展望と電気自動車,プラグインハイブリッド自動車の省エネ,CO2削減効果に関する分析」電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol. 133, No. 1, pp.10-18 (2013)

小宮山 涼一, 藤井 康正 「原子力の長期シナリオと太陽光・風力発電の大量導入を考慮に入れた日本の長期エネルギー需給に関する分析」電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol. 132, No. 9, pp.780-792 (2012)

小宮山涼一,藤井康正 「太陽光発電,風力発電の大量導入と日本の最適電源構成に関する分析」電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol. 132, No. 7, pp.639-647 (2012)

小宮山涼一,鈴木研悟,永富悠,松尾雄司,末広茂 「統合型エネルギー経済モデルによる2050年までの日本のエネルギー需給の分析」エネルギー・資源(エネルギー・資源学会誌), Vol.33,No.2,pp.34-43(2012)

小宮山涼一,惣福脇学,松尾雄司 「2035年までの中東諸国のエネルギー需給予測分析」, エネルギー・資源(エネルギー・資源学会誌),, Vol.33, No.2,pp.44-53 (2012)

小宮山涼一,藤井康正「地域細分化型世界エネルギーモデルによる電気自動車の省エネ性能,環境性能に関する分析」電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌),Vol.132,No.1(2012)

小宮山涼一,柴田紗英子,中村洋祐,藤井康正「出力変動を考慮に入れた太陽光発電と蓄電池の最適電源構成からみた導入可能性分析」, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol. 131, No. 10, pp.1705-1714(2011)

松尾雄司,小宮山涼一,永富悠,末広茂,沈中元,森田裕二,伊藤浩吉「2050 年の低炭素社会実現に向けたアジア・世界のエネルギー需給見通しに関する分析」エネルギー・資源(エネルギー・資源学会誌), Vol.32, No.5,pp.1-8(2011)

Komiyama, R., Li, Z. and Ito, K. :”World energy outlook in 2020 focusing on China's energy impacts on the world and Northeast Asia”, International Journal of Global Energy Issues, Vol. 24, Nos. 3/4, pp.183-210. (2005)

R.Komiyama, T.Hayashi, Y.Fujii, K.Yamaji : “Feasibility evaluation of on-site generator network by cooperation game theory”, Electrical Engineering in Japan, Vol.150, No.4, pp.23-35 (2005) (Electrical Engineering in Japan誌(Wiley社)への転載版)

小宮山涼一, 林武人, 藤井康正, 山地憲治「協力ゲーム理論によるオンサイト電源ネットワークの運用可能性評価」電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol.124, No.1, pp.32-42(2004)

Komiyama, R., Yamaji, K. and Fujii, Y.; CO2 emission reduction and primary energy conservation effects of cogeneration system in commercial and residential sectors considering long-term power generation mix in Japan, IEEJ Transactions on Power and Energy, Vol.123-B No.5, pp.577-588 (2003)

小宮山涼一, 藤井康正, 山地憲治 「複合エネルギーネットワークにおけるCGSの集合運用に関するゲーム論的分析」 電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌), Vol.121-B, No.4, pp.550-558 (2001)

 日本エネルギー経済研究所論文誌(抜粋):

小宮山涼一,鈴木研吾,永富悠,松尾雄司,末広茂「福島原発事故を踏まえた2050年までの日本の原子力シナリオに関する分析」エネルギー経済, Vol.37,No.4 , pp.29-41 (2011)

K.Ito, R.Komiyama “Asia/World Energy Outlook 2009”, IEEJ Energy Journal Vol.5, No.1 pp.1-21, ISSN 1880-9286 (2010)

R.Komiyama, C.Marnay, M.Stadler, I.Azevedo, S.Borgeson, B.Coffey, and J.Lai “Japan’s Energy Outlook for 2050 with Stochastic Sectoral Modelling,” IEEJ Energy Journal Vol. 4, No. 2 ISSN 1880-9286 (2009)

末広茂,小宮山涼一,松尾雄司,永富悠「自動車部門におけるCO2排出削減効果」エネルギー経済,Vol.35,No.6),24-47 (2009)

小宮山涼一「日本の2050年の長期エネルギー需給シナリオ: CO2排出量の長期目標と大幅削減の可能性に関する試算」エネルギー経済,Vol.35,No.3,pp.48-77 (2009)

小宮山涼一「米国CAFE基準(自動車燃費基準)の概要: 米国での日本車による省エネ,CO2削減ポテンシャルの推計」エネルギー経済,Vol.34,No.3,pp.41-70 (2008)

小宮山涼一,柿木達朗「2030年,2100年に向けた世界の原子力発電,ウラン需給の超長期シナリオ」エネルギー経済,Vol.33,No.3,pp.1-24 (2007)

小宮山涼一「京都メカニズムのマクロ的定量分析: 中国,アジアに向けた日本のCDM展開によるCO2限界削減費用の評価」エネルギー経済,Vol.33,No.4,pp.12-26 (2007)

小宮山涼一「温室効果ガス濃度制約の下での超長期エネルギー需給予測:エネルギー需給,CO2排出量,CO2限界削減費用の見通し」エネルギー経済,Vol.33,No.6,pp.27-42 (2007)

小宮山涼一,張平,呂正,李志東,伊藤浩吉「中国31省・行政区別での2030年長期エネルギー需給予測-省別での統計整備の実施と計量経済モデルによる予測の基本的検討」エネルギー経済,Vol.32,No.2,pp. 32-59 (2006)

小宮山涼一,中西哲也「アジア地域を中心とする世界の原油及び石油製品需給分析」エネルギー経済,Vo.32,No.5,pp.57-78 (2006)

李志東,伊藤浩吉,小宮山涼一「中国2030年エネルギー需給展望と北東アジアエネルギー共同体の検討-存在感増す中国の自動車戦略と原子力戦略」エネルギー経済,Vol.31,No.3,pp. 14-36 (2005)

伊藤浩吉,小宮山涼一「アジア/世界エネルギーアウトルック-急成長するアジア経済と変化するエネルギー需給構造-」エネルギー経済,Vol.30,No.3 ,pp.1-22 (2004)

 研究報告(ローレンスバークレー国立研究所):

STADLER Michael, Chris MARNAY, Inês LIMA AZEVEDO, Ryoichi KOMIYAMA, and Judy LAI: “The Open Source Stochastic Building Simulation Tool SLBM and its Capabilities to Capture Uncertainty of Policymaking in the US Building Sector“ Lawrence Berkeley National Laboratory(LBNL) report-1884E (2009)
(http://eetd.lbl.gov/ea/emp/reports/lbnl-1884e.pdf)

MARNAY Chris, Michael STADLER, Sam BORGESON, Brian Coffey, Ryoichi KOMIYAMA, and Judy LAI: “A Buildings Module for the Stochastic Energy Deployment System“ Lawrence Berkeley National Laboratory(LBNL) report-291E (2008) (http://eetd.lbl.gov/sites/all/files/publications/report-lbnl-291e.pdf)

Komiyama, R. and C. Marnay. "Japan's Residential Energy Demand Outlook to
2030 Considering Energy Efficiency Standards "Top-Runner Approach", Lawrence Berkeley National Laboratory(LBNL) report-292E (2008)
(http://eetd.lbl.gov/ea/emp/reports/lbnl-292e.pdf)

 著書(抜粋):

Fujii,Y. and Komiyama, R., Chapter 5: Long-Term Energy and Environmental Strategies,
J. Ahn et. al. (Eds) Reflections on the Fukushima Daiichi Nuclear Accident: Toward Social-Scientific Literacy and Engineering Resilience, Springer, 2014

(分担執筆) 小宮山涼一 3章 エネルギービジョンの実現可能性、「エネルギービジョン 地球温暖化抑制のシナリオ(湯原・氏田編著)」、海文堂(2014年)

(分担執筆) 小宮山涼一「日本の将来を変えるグリーン・イノベーション(馬奈木・林編著)」第5章 太陽光・風力発電の大量導入を考慮した日本のエネルギーシナリオ、中央経済社 (2012年)

(単著)小宮山涼一著 藤野純一監修「化石・原子力エネルギー (今こそ考えよう!エネルギーの危機2) 」、文溪堂(2012)

(分担執筆) 山地憲治,小宮山涼一「サステイナビリティ学」第5巻、アジアの成長―資源・エネルギー問題を展望する、東京大学出版会 (2011年)

(分担執筆) 小宮山涼一“第1編2章化石燃料と原子燃料の有限性と将来展望”低炭素社会への挑戦 ―資源・エネルギー・社会システムから切り開く未来―、 一般社団法人 エネルギー・資源学会 編、オーム社 (2010)

(co-author) 「Energy Outlook for Asia and the Pacific」 Asian Development Bank (2009)

(Co-author) “Asia's New Regionalism and Global Role - Agenda for the East Asia Summit –“, Nagesh Kumar, K. Kesavapany & Yao Chaocheng (eds.). Institute of Southeast Asian Studies, Singapore and RIS (2008)

 講義: 

エネルギー・環境経済システム (工学部)
プログラミング応用A (工学部)
レジリエンス工学とは何か(教養学部)
エネルギーシステム概論E (英語、大学院)
社会科学基礎E (英語、大学院)
エネルギーシステム特論E (英語、大学院)
レジリエンス工学特論E (英語、大学院共通科目)
応用プロジェクトA (工学部)
原子力工学修士演習 (大学院)

 講演等(抜粋): 

小宮山涼一、電力需給の数値シミュレーション分析、長期的な地球温暖化対策に向けたモデル分析検討会、経済産業省、2017年2月27日(月)

R.Komiyama, Renewable-Hydrogen System: Potential Role of Ammonia, US-JP Joint Study on the Future of Nuclear Energy, Institute of Energy Economics Japan, January 20, 2017

R.Komiyama, Economic Evaluation of Energy Supply Resilience in Japanese Capital Region, Singapore-ETH centre seminar, ETH Singapore, December 9, 2016

小宮山涼一、松澤宏務、藤井康正、関東圏のエネルギー需給のレジリエンス強化策の分析、社会レジリエンス向上のための政策技術に関するシンポジウム、東京大学工学部11号館講堂、2016年11月30日(水)

小宮山涼一,日本の電力需給の数値シミュレーション分析,経済産業省 送配電網の維持・運用費用の負担の在り方検討WG(非公式検討用資料),2016年11月24日(木)

小宮山涼一、「10章 Economic aspects of thorium fuel cycles」のレビュー、日本原子力学会、第3回「トリウム燃料の利用に関するワーキンググループ」、大阪大学吹田キャンパス、2016年11月16日(水)

小宮山涼一、再エネ普及下での電力系統の数値シミュレーション、平成28年度原子力動向調査勉強会、経済産業省、2016年11月10日(木)

R.Komiyama, Computational simulation of nationwide high-voltage power grid in Japan under large-scale renewable integration, 25TH CEE Symposium with NEDO, October 19, 2016
(小宮山涼一、再エネ大量導入下での全国の電力基幹系統の数値シミュレーション、第25回 CEEシンポジウム with NEDO "電力需給解析と Integration Study"、東京大学生産技術研究所、2016年10月19日)

小宮山涼一、原子力と将来のエネルギーシステム、未来のエネルギー社会のビジョン検討ワークショップ、JST CRDS、TKP市ヶ谷カンファレンスセンター、2016年10月8日(土)

R.Komiyama, Hydrogen Policy and Installable Potential of Renewable-Hydrogen System in Japan, US-JP Joint Study on the Future of Nuclear Energy "Session 1: Tackling with the climate change and the deregulated electricity market", MIT, Cambridge USA, September 15, 2016

小宮山涼一,日本のエネルギー戦略,東京ガスエネルギー,2016年9月7日(火)

小宮山涼一、未来のエネルギーを考える、Techno Edge、東京大学、2016年8月9日-10日

小宮山涼一、松澤宏務、藤井康正、重要インフラのレジリエンス分析と危機管理政策(2) ― 関東圏の電力・石油需給 ― 、安全工学シンポジウム2016、日本学術会議、2016年7月8日(金)

小宮山涼一,再生可能エネルギーと将来の電源構成,日本学術会議 公開シンポジウムパリ協定を踏まえた今後のエネルギー・温暖化対策のあり方,日本学術会議講堂,2016年5月18日(水)

小宮山涼一,電力需給モデルによる再生可能エネルギー大量導入に関する分析,日本学術会議 地球温暖化対応の視点からのエネルギー対策・政策検討小委員会,日本学術会議,2016年5月18日(水)

小宮山涼一,特別講演 エネルギーシステムにおける水素の可能性,JXエネルギー,環境安全フォーラム,JXエネルギー本社,2016年5月27日(金)

小宮山涼一,日本の電力系統の将来像,国内外における電力市場等の動向に関する勉強会,経済産業省,2016年1月14日(木) 

小宮山涼一、藤井康正 「再生可能エネルギーと電源ベストミックス」 地球温暖化国内シンポジウム -日本の地球温暖化抑制の2050年ビジョンとその実現- キヤノングローバル戦略研究所、2015年7月23日(木)

R.Komiyama, Introducing a Large-scale Renewable Energy Supply System, considering Hydrogen Storage, US-JP Joint Study on the Future of Nuclear Energy, The 1st Workshop: “Compatibility of Nuclear and Renewables with Grid Stability, Economics and Deregulation”, Room: 36-462, MIT (Massachusetts Institute of Technology), Cambridge, USA, June 18, 2015

小宮山涼一、エネルギーアウトルック ~エネルギービジョンの実現可能性~、東京大学先端科学技術研究センター、JX日鉱日石エネルギー株式会社 共催、RCAST Intellectual Café、東京大学 先端研14号館1階カフェ、2015年6月12日(金)

R.Komiyama, Y.Fujii, Large-scale Integration of Variable Renewables: Higher Temporal Analysis with Optimization Model considering Hydrogen Storage and Rechargeable Battery, The 34th edition of the International Energy Workshop (IEW), Dusit Thani Hotel, Abu Dhabi, UAE, June 03, 2015

R.Komiyama, Y.Fujii, Assessment of Sustainable Power Supply with Optimal Power Generation Mix model, University of Tokyo, Ireland-Japan International Energy Modeling Workshop, Thursday, April 16, 2015

R.Komiyama, Energy Market Status and Prospect in Japan and the World, Sanjo Kaikan, University of Tokyo, The 2nd International Thorium Seminar, Wednesday, April 15, 2015

R.Komiyama, Analysis of Energy System Resilience, SNU-UTokyo 3S Seminar, Seoul National University, Friday, March 27, 2015

R.Komiyama, Considering Nuclear Accident in Energy Modeling Analysis, International Workshop on Nuclear Safety, Session 2: Measurement of Damages, University of California at Berkeley (UCB), Monday, March 23, 2015

小宮山涼一 "電力システム改革、環境対策とエネルギーの将来像" 環境省 勉強会、2015年3月19日(木)

R.Komiyama, Mathematical modeling for resilient energy system, Systems Resilience – Bridging the Gap Between Social and Mathematical, NII Shonan Meeting, Shonan village center, Japan, Feb.23 2015 (2015)

小宮山涼一、(基調講演) タイのバイオ燃料導入の取組状況、沖縄バイオ燃料国際セミナー、2015年2月17日、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

小宮山涼一、世界各国のバイオエタノール普及状況、沖縄バイオ燃料国際セミナー パネルディスカッション、2015年2月17日、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

Komiyama, R., Invited intervention 2, Proceedings of the brain storming session on modelling of renewables for policy making, IRENA special session at International Energy Workshop (IEW), pp.6-7, 2014
<http://www.irena.org/documentdownloads/events/2014/june/Proceedings%20IRENA%20special%
20session%202014%20IEW.pdf>

Brian Ó Gallachóir, Ryoichi Komiyama, Paul Deane, Alessandro Chiodi, Maurizio Gargiulo, Tatsuhiko Sugiyama, Takashi Otsuki, Yasumasa Fujii, Energy systems & power systems modelling- Comparing Experiences in Ireland and Japan, IEA ETSAP Workshop, UN City, Copenhagen, Denmark, November 17, 2014

Komiyama, R. and Fujii, Y., Analysis for Extensive Integration of Variable Renewables with Dynamic Multiregional Optimal Power Generation Mix Model, 14th IAEE European Conference, LUISS University, Rome, Italy, October 30, 2014

Komiyama, R. and Fujii, Y., Modelling of Variable Renewables (VRs) in Power System, IRENA Special Session, IEW 2014, Xijiao Hotel, Beijing, China, June 5, 2014

Komiyama, R. and Fujii, Y., Optimal Integration of Variable Renewables with Flexible Power Resources into Japan's Long-term Power Generation Mix to 2050, B6 Low carbon technologies, IEW 2014, Xijiao Hotel, Beijing, China, June 6, 2014

小宮山涼一、「5章 トリウム利用の経済性の考察」のレビューと論点整理、第四回「軽水炉・高速炉におけるトリウム燃料の利用ワーキンググループ」(日本原子力学会)、2014年9月1日

Komiyama,R., Thorium and Environmentally Compatible Energy Strategy, International Thorium Seminar, Sanjo Kaikan, The University of Tokyo, April 9, 2014

小宮山涼一、5章 トリウム利用の経済性の考察、第二回「軽水炉・高速炉におけるトリウム燃料の利用ワーキンググループ」(日本原子力学会)、2014年3月6日

Komiyama,R. : What Role Might Nuclear Power Play in Meeting Energy Demand in Japan and Asia ?, NPEC: East Asian Alternative Energy Futures Workshop, February 27, Marriott Waikiki Beach, Honolulu USA, 2014

Komiyama,R.,Fujii,Y.; Analysis for Large-scale Integration of PV system in Japan with a High Time-Resolution Optimal Power Generation Mix Model, The 5th IEEE PES Asia-Pacific Power & Energy Engineering Conference, Special Session 3: Renewable Power Generation, December 10, 2013

Komiyama,R. : What Role Might Nuclear Power Play in Meeting East Asian Energy Demands ?, NPEC: East Asian Alternative Energy Futures Workshop, Stanford University, USA, October 10, 2013

小宮山涼一、「エネルギービジョンの実現可能性」、CIGS 地球温暖化シンポジウム、経団連ホール、2013年7月10日(水)(2013)
(http://www.canon-igs.org/event/report/report_130710/pdf/130710_komiyama_presentation.pdf)
(http://www.canon-igs.org/event/report/report_130710/pdf/130710_summary_komiyama.pdf)

小宮山涼一「基調講演:バイオ燃料の内外情勢とエネルギー・環境政策の動向」 環境省委託事業 平成24年度第2回沖縄バイオ燃料セミナーin沖縄市、平成24年12月20日(木)(2012)

小宮山涼一「太陽光発電・風力大量連系時の電源ベストミックス」再生可能エネルギー協議会「エネルギーグリッド・パワエレ&統合概念」セミナー、幕張国際会議場2012年12月7日

Ryoichi Komiyama “The Global Forecast of Energy Demand toward Low Carbon Society”Tokyo Lights Africa 2012, October 5 2012, Seihoku Gallery, University of Tokyo (2012)

小宮山涼一「基調講演:バイオエタノールの内外情勢とエネルギー政策での位置付け」環境省委託事業 平成24年度第1回沖縄バイオ燃料セミナーin宜野湾市、平成24年9月5日(水)(2012)

小宮山涼一「第35回IAEE国際大会参加の所感」 第35回IAEE年次大会報告会、日本エネルギー経済研究所、平成24年7月25日(水)(2012)

小宮山涼一、「日本のエネルギー需給の現状と見通し」、国内温暖化ワークショップ「地球温暖化抑制のための世界共有ビジョンの実現にむけて」キヤノングローバル戦略研究所、2012年7月24日(火)(2012)
(http://www.canon-igs.org/event/report/report_120724/pdf/120724_08_komiyama_presentation.pdf)

山地憲治、小宮山涼一「日経・CSISバーチャル・シンクタンク提言-原子力発電に関する4つの政策ビジョン-について」、第28回原子力委員会定例会議 平成24年7月3日(火)(2012)

小宮山涼一 みんなで決めよう「原発」国民投票 公開討論会(登壇)、水道橋 YMCAアジア青少年センター、2012年6月23日(土)(2012)

小宮山涼一 「エネルギー需給の現状と長期展望」 第137回水素エネルギー協会定例研究会、広島市西区民文化センター、広島、2012年3月9日(金)

小宮山涼一 「世界における自動車用燃料としてのバイオエタノールの利用状況と我が国の現状」 第3回 沖縄バイオ燃料セミナー、沖縄、 2012年2月23日(木)

小宮山涼一 「福島原発事故を踏まえた日本のエネルギー需給見通し」 震災後のエネルギー・地球温暖化政策に関する勉強会(第2回)、大阪、2011年7月26日(火)

小宮山涼一 「内外のエネルギー情勢:福島原子力事故と中東情勢を踏まえて」、(株)東洋エンジニアリング研究会、2011年6月14日(火)

小宮山涼一 「世界のバイオエタノール利用の趨勢について」 沖縄バイオエタノール国際シンポジウム、沖縄、2011年3月28日(月)

小宮山涼一 「2050年までの世界のエネルギー需給展望」 第405回定例研究報告会、日本エネルギー経済研究所、2010年11月1日

小宮山涼一 「トリウムとエネルギー戦略」、日本学術振興会 原子炉材料第122委員会、国立科学博物館講堂、2010年7月1日(木)

 新聞、雑誌、テレビ出演等: 

小宮山涼一,転機を迎えるエネルギー市場(その7・最終回)気候変動問題と原子力の役割,日本原子力学会誌「アトモス」,Vol.59,No.1,pp.42-46 (2017)

小宮山涼一,転機を迎えるエネルギー市場(その6) 原子力を巡るエネルギー情勢-「エネルギー白書2016」に見る内外の動向,日本原子力学会誌「アトモス」,Vol.58,No.11,pp.653-658 (2016)

小宮山涼一,転機を迎えるエネルギー市場(その5) 電力自由化と原子力,日本原子力学会誌「アトモス」,Vol.58,No.10,pp.601-606 (2016)

小宮山涼一,転機を迎えるエネルギー市場(その4) 原油価格の変動とその構造的要因,日本原子力学会誌「アトモス」,Vol.58,No.6,pp.350-355 (2016)

小宮山涼一,転機を迎えるエネルギー市場(その3) 電力自由化の国際動向,日本原子力学会誌「アトモス」,Vol.58,No.4,pp.241-246 (2016)

小宮山涼一,転機を迎えるエネルギー市場(その2) 日本のエネルギー需給の現状と展望,日本原子力学会誌「アトモス」,Vol.58,No.1,pp.47-52 (2016)

小宮山涼一,エネルギー環境政策のモデル分析 MARKAL(MARKet Allocation)モデル,エネルギー・資源,37 号:1 ,pp. 52-56 (2016)

小宮山涼一,転機を迎えるエネルギー市場(その1) 再生可能エネルギー普及に向けた課題,日本原子力学会誌「アトモス」,Vol.57,No.11,pp.714-719 (2015)

NHK Eテレ(教育テレビ)、TVシンポジウム「CO2削減問題にどう取り組むか バイオ燃料の可能性」、午後2時00分~午後3時00分、平成27年4月11日(土) (パネリストとして出演)

小宮山涼一、徹底分析 再生可能エネルギー発電の固定価格買取制度の現状と問題点、エネルギーレビュー、2015年5月号(通巻412号)、pp.38-42

小宮山涼一、動き出した国の「エネルギーミックス」検討プロジェクト Interview 3、月刊ソルビスト, Vol.48, 2015年3月, pp.23-24

小宮山涼一、「原子力・再エネ比率を定量的に考える」、Energy for the future、第39巻、第1号、通巻153号、pp.22-27 (2015)

日本経済新聞「電力安定へ再編促せ、電源構成の目標数値必要」2013年12月23日、22面(2013)

小宮山涼一「資料「第137回定例研究会」エネルギー需給の現状と展望」水素エネルギーシステム、Vol.37,No.1,pp.50-51(2012)

琉球新報「バイオ燃料普及へ 専門家や行政が報告」2012年9月6日(2012)

中日新聞「リスク避け原発ゼロを 安定した代替エネない 菅氏ら公開討論会 東京」 2012年6月24日(2012)

東京新聞「原発是非で菅氏ら論戦 公開討論会 」 2012年6月24(2012)

日本経済新聞「原子力発電の安全確保と信頼回復に向けて」2012年6月9日(2012)

日本経済新聞「天然ガスエネへの期待と落とし穴 東大の小宮山氏に聞く」2012年5月9 日

沖縄タイムス「バイオ燃料導入 沖縄の事例紹介 普及推進セミナー」2012年2月26日(日)(2012)

プロパン産業新聞「原発停止でCO2 1割増に 火力発電比率70%→89%に上昇 太陽光全面代替…発電コスト16倍に」2011年5月24日(2011)

小宮山涼一「2050年の世界とアジアのエネルギー需給の展望」エネルギー・資源 Vol. 32 No. 1,pp.59-62(2011)

小宮山涼一「解説一口メモ「CAFE基準」」石油学会誌ペトロテック、VOL.33、No.5、pp.48 (2010)

小宮山涼一「温室効果ガス主要排出国のエネルギー需給の長期展望」、石油学会誌ペトロテック、VOL.33、No.5、pp.49-53 (2010)

小宮山涼一「アジア・世界のエネルギー需給見通しとCO2排出量予測」、“特集 温室効果ガス25%削減を考える”、化学経済、2010年1月号、pp.65-70 (2010)

小宮山涼一、末広茂「2020年までの世界エネルギー需給 中国の存在感増すが供給不足は回避へ」pp.30-31、NIKKEI MICRODEVICES 7月1日号、日経BP社(2005)

小宮山涼一「原油高価格時代の幕開けか」統計月報6月号、pp.26-27、東洋経済新報社 (2005)

 受賞: 

日本エネルギー経済研究所 理事長表彰3回, 所内論文表彰7回
第5回茅奨励賞(2000年、エネルギー資源学会)
エネルギー資源学会25周年記念懸賞論文優秀賞(2005年、エネルギー資源学会)
エネルギー総合工学研究所創立30周年大島賞懸賞論文優秀賞(2009年)
エネルギー資源学会 第6回論文賞 (共著者として)(2014年)

 所属学会: 

電気学会、エネルギー・資源学会、日本エネルギー学会、
IAEE(The International Association for Energy Economics)

イメージ